最後のホテルの部屋



最後のホテルの部屋 ベトナム旅行

これは何かと言うと、実はベトナムにいる時 海外でもちろん、日本語を聞くことなんて、 あるわけないのですが、最近驚くことがあります。 ポップカルチャーブームで、アニメがやってます。

それでベトナム滞在中、毎日アニメを見ていました。 犬夜叉は英語字幕でやっていたので、日本語で 観れるというありえないことがありました。 流れるテロップの日本語などを見ていつもほっとしてました。

やっていたものといえば、全部は覚えてないのですが、 「ケロロ軍曹」、「ゲ、ゲ、ゲ、の鬼太郎」、「犬夜叉」 とけっこうお馴染みなアニメでした。凄いアニメがブームなんですね。

日本人は電器メーカーとかが日本の象徴だと思っているように 思いますが、実はもう日本の一番強いのはこのポップカルチャー です。日本の電器製品などは他国の製品にかなり圧倒されています。 そのうち、ダメになりそうですね。

それで写真に写っているのはなんかエンマアイとか、 お岩さんとか、いろいろなのがミックスされた新しい物語、 ずっと、この映画のような新作の宣伝がされていて、 見ているととても気になったものです。

あと、「ケロロ軍曹」がこんなに人気があると思わなかったです。 そして、「ゲ、ゲ、ゲの鬼太郎」を英語版にすると、 " SPOOKY,KITARO"とか、日本のアニメが どんどん一人歩きしだしているので、ほんと知ってはいても驚きます。

ちなみにこれはアジア各国で放映されてるTVのようです。 フィリピン、ベトナム、インドネシアなど、きっと、これは ホテルに泊まる英語圏の人が観れるようにホテルがサービスしてる ものだと思います。

このチャンネルでは、ケミストリー、中川翔子、浜崎歩などの ミュージシャンの歌なんかも流れていたのですが、その中に 知らないヴィジュアル系とか、オタ系のアイドルとかも出てました。 日本人の知らないところでこれもまた一人歩きしだしそうです。

最後のホテルの部屋 ベトナム旅行