プリマベーラ2010

2010年の一時期だけ出ていた濃くのある珈琲豆。



神戸珈琲物語のプリマベーラ

神戸珈琲物語のプリマベーラ2010

一口飲むと強い苦味を感じる。口いっぱいに苦味が広がり、 その中に酸味を感じはじめる。その後に濃くがやってくる味。

しっかりとした珈琲の味を感じることのできる味。 ブラジル系の大人の味のような苦味の強い味です。

なんでもドミニカ・ラミレスをベースに作っているとか。ドミニカ・ラミレスは 確かに苦味が強かったです。

ドミニカ・ラミレスの豆から来る苦味なんでしょう。ドミニカ・ラミレスよりもっと強い苦味を感じるように思います。

また、決して弱いとは言えない酸味がやってきます。苦味が強いので隠れたように感じるのですが強い酸味です。

その強い苦味と酸味が絡んだように、味がよじれてやってくるような味のように感じます。個性で言うと強い個性の味です。

飲んだ後に甘い香りと味が口いっぱいに広がります。凄く良い余韻です。最後に濃くが広がってくれます。

プリマベーラは春の味をイメージして作った珈琲豆とか、珈琲を出している香りは凄い甘い香りのする春の香りでした。

ランクB(神戸珈琲製造)

珈琲豆から飲む珈琲のおいしさ

珈琲豆の香ばしい香り。味わい。濃く。ドリップ珈琲の味の差ははっきりとおいしい。