ケニヤ

抽出してる時から良い香りのする強い味の珈琲豆。



神戸珈琲物語のケニヤ

神戸珈琲物語のケニヤ

珈琲を出してる時に炭焼きのような良い香りのした珈琲豆。 飲むと少し強めですが程よい苦味と酸味を感じる珈琲豆。

有機質の豊かな味も感じる。そして、後口に苦味が残る珈琲。 苦味が強いわけでないのでわりと後味が良い珈琲豆。

ケニアの名前から想像すると、荒削りなイメージになるのですが、 意外や意外、とても繊細な味の珈琲豆。

わりとはっきりとした味の珈琲ですが、思ったより上品な繊細な味でした。

ランクB(神戸珈琲製造 a)

珈琲豆から飲む珈琲のおいしさ

珈琲豆の香ばしい香り。味わい。濃く。ドリップ珈琲の味の差ははっきりとおいしい。