ヨーロピアン 旧居留地

強い味のあるヨーロピアン。そのわりには後味がスッキリとした珈琲豆。



神戸珈琲物語のヨーロピアン

神戸珈琲物語のヨーロピアン

ヨーロピアンと名前のついてる珈琲豆はどこのお店もだいたいおいしいのが多いです。 神戸珈琲もやはりおいしい。

一口飲むと刺すような苦味を感じ、そのあとにほんのりと芳ばしい良い香りを感じる。

後に苦味が交互にやってくる。どんな感じかと言うと苦味が早い速さで刺すような苦味と苦味ない感じを感じます。

だから苦味を嫌味なく味わうことのできる豆。この珈琲の苦味は二口目はもう慣れる感じでおいしく感じる。

少しの甘みと若干の酸味を感じる。たしかに珈琲ですが、ヨーロッパを感じれる珈琲の味です。

ランクB(神戸珈琲製造)

珈琲豆から飲む珈琲のおいしさ

珈琲豆の香ばしい香り。味わい。濃く。ドリップ珈琲の味の差ははっきりとおいしい。