ドミニカ・ラミネス

苦味と酸味の目立つアメリカンスタイルの珈琲豆。



神戸珈琲物語のドミニカ・ラミネス

神戸珈琲物語のドミニカ・ラミネス

まず最初に苦味を感じる珈琲豆。しかし、そんなにきつくない苦味。 そのあとに酸味を少し感じる珈琲豆。

わりと薄いアメリカンっぽい味の珈琲豆。飲みやすさがとても良い豆です。 あと味も酸味から来る甘い香りと味が残ります。

苦味と、酸味と、珈琲の嫌味な味が際立つ珈琲なのですがあまり強くないので 珈琲のおいしさを感じる珈琲豆。

しつこさのない味で最後にほのかに残る甘さや酸味が飲みやすい味の珈琲豆です。

ランクC(神戸珈琲製造)

珈琲豆から飲む珈琲のおいしさ

珈琲豆の香ばしい香り。味わい。濃く。ドリップ珈琲の味の差ははっきりとおいしい。