ブラジル

ブラジルのイメージらしく苦味が特徴の珈琲豆。



神戸珈琲物語のブラジル

神戸珈琲物語のブラジル

抽出してる時から苦い香りのする珈琲豆。一口入れると、案の定、刺すような苦味を感じる。 そして、芳ばしい良い香りがやってくる。

しかし、後味はすっきりとしたおいしい味の珈琲豆。香りも味も苦いので凄く強い苦味を感じる。 その苦味は渋さを感じる。

珈琲の本場のブラジルのイメージ通りの味の珈琲豆。酸っぱ味が少ないので珈琲の嫌味は感じない。 後口も苦い後口が残る。

甘みと酸っぱ味を感じない、苦味と良い香りの味の珈琲豆。 後味に苦味が残りますが、嫌味は残らないおいしい珈琲豆。

ランクB(神戸珈琲物語)

珈琲豆から飲む珈琲のおいしさ

珈琲豆の香ばしい香り。味わい。濃く。ドリップ珈琲の味の差ははっきりとおいしい。